居住空間の作り方

高級賃貸に積極的に導入されている設備とは?

海外の高級賃貸と日本の高級賃貸の違い

海外の高級賃貸と日本の高級賃貸の違い 欧米を中心とした海外では、住宅は所有するものではなく、借りるものという概念が定着しています。
そのため賃貸は人生においての一時的な住まいではなく、本格的な住まいとして用意されています。
海外と日本の高級賃貸の違いは広さにあります。
海外の高級賃貸は、少なくても日本の高級賃貸の2倍の広さがあります。
中には数倍の広さのものもあり、住宅に対する違いを感じさせます。
海外の高級賃貸は全室暖冷房が普通です。
日本の暖冷房は主要な部屋だけであるのに対して、洗面や浴室にも空調が設置されているのが特徴です。
内部の仕上げは一見すると日本の方が立派に見えます。
しかし、日本の内装はビニルの素材や合板が使われて売るのに対して、海外は本物のクロスか無垢材が使われています。
本物の素材を長く使うのが海外流で、そのために古く、汚く見えることがありますが、住人は気にしません。
日本人はたとえ材料が本物でなくても、表面上の新しさを要求します。
海外と日本では賃貸物件の質に大きな違いがあります。

高級賃貸の駐車場について

高級賃貸の駐車場について 高級賃貸マンションというのは、駅から近いところにある物件がよくありますので、電車で移動をするとなった時には非常に便利ですが、駐車場の環境もしっかりとしていますので、車で移動することがよくあるという人も、快適な生活を送ることができるのが魅力です。
平置きタイプになっていて、面倒な機械操作がいらないというところもありますし、地下駐車場があるところもあります。
地下にあるというのは、商業施設のようで、なかなか雰囲気が良いものです。
高級賃貸マンションの魅力は、住居というよりも、オシャレな商業施設のような雰囲気があるのが魅力ですが、車の乗り降りをする際にも、そういった魅力を感じることができるわけです。
なお、高級賃貸マンションの中には、駐車場の前でソファスペースが設けられていて、待ち合わせをする時にくつろいで待っていられるようになっているところもあります。
また、帰宅する時にポーターに迎えに来てもらって、荷物を部屋まで運んでくれるサービスが整っている高級賃貸マンションもあります。




Copyright © 居住空間の作り方 all rights reserved.